海上自衛隊は、2019年1月8日(火)から1月10日(木)までの期間、カラチ港とその周辺海域でパキスタン海軍との共同訓練と親善行事を実施した。

親善行事と共同訓練は、ソマリア沖・アデン湾における海上自衛隊の第31次派遣海賊対処行動水上部隊と、パキスタン海軍との間で実施されたもの。訓練では、海上自衛隊からは護衛艦「いかづち(DD-107)」が、パキスタン海軍からは駆逐艦「タリク(D-165)」が参加し、捜索救難訓練、防空戦訓練、戦術運動などが実施された。

親善行事では、パキスタン海軍 第25駆逐戦隊司令官のファイサル・アッバシ准将への表敬や、スポーツ交歓、艦艇相互訪問、レセプションなどが実施されている。


情報発表元:海上自衛隊 - パキスタン海軍との親善行事及び共同訓練の実施について
 
【関連ジャンル】
 船舶 : DD-107 いかづち
 海運事業者 : 海上自衛隊