船に関する総合サイト
AMS-4301 ひうち

AMS-4301 ひうち  基本情報

AMS-4301 Hiuchi 

ひうち(AMS-4301)は海上自衛隊の多用途支援艦。日本鋼管鶴見造船所で建造され、2001年9月4日(火)に進水、2002年3月27日(水)から就役している。ひうち型多用途支援艦の1番艦。

艦名は瀬戸内海の「燧灘」に由来し、基準排水量は980トン、全長65m。2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災の際には、福島第一原子力発電所へ注水する真水を積載したバージを曳航する任務にあたった。

2013年10月に護衛艦「はまゆき(DD-126)」を実弾射撃訓練により若狭湾沖で射撃処分した際には、同「はまゆき」を処分海域まで曳航する任務にあたった。

舞鶴港
とーちゃん
舞鶴港
とーちゃん

状態

運用中

総トン数

980トン

船種

軍用艦・巡視船

母港

舞鶴港

所属

海上自衛隊

艦番号

AMS-4301

就航日

2002年03月27日

造船所

日本鋼管 鶴見造船所


AMS-4301 ひうちの写真

AMS-4301 ひうちのニュース

->もっと見る

ユーザー情報

ログインしていません 新規登録はこちら
Register Lost Password?

Funeco SNS

公式キャラクター 帆海みなと


PAGETOP
Copyright © フネコ – Funeco All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.