©商船三井

商船三井は2019年9月12日(木)、センスタイムジャパンと共同で新たな船舶画像認識・記録システムを開発、グループ会社である商船三井客船の「にっぽん丸」にシステムを搭載し、実証実験を開始したと公表した。

「にっぽん丸」で実証されているシステムは、AI技術を活用して他の船舶などを認識する画像認識エンジンを開発した上で、画像処理ユニット(GPU)を搭載した端末と超高感度・超高精度カメラを接続することで高精度に船舶を認識し、自動記録される仕組みとなっている。同社は、夜間など視界不良時にも対応可能な画像認識技術は、従来、AISで捉えることが出来なかった小型の船舶等の認知も可能になるとしている。

今回構成されたシステムでは撮影した画像データが自動記録されるため、商船三井は、記録データを活用することで認識状況の精査を重ね、画像認識エンジンの解析精度をさらに高めていく計画。


情報発表元:商船三井 - “にっぽん丸”でAI技術を活用した船舶画像認識システムの実証実験を開始
 
【関連ジャンル】
 船舶 : にっぽん丸
 海運事業者 : 商船三井
 海運事業者 : 商船三井客船