海上保安庁と日本財団は、2018年11月27日(火)から11月29日(木)までの日程で、「世界海上保安機関実務者会合」を東京で開催する。

会合は、2017年に実施された「海上保安機関長官級会合」で取りまとめられた議長総括を受けて開催されるもの。アメリカ、ロシア、韓国など世界57カ国や、国際海事機関(IMO)や国際薬物犯罪事務所(UNODC)など8つの国際機関から、海上保安機関の実務者が一堂に会して実施される。

今回は、「情報共有手法の検討」、「海上保安国際人材育成」、「会合運営ルールの策定」の3つのテーマについて議論が交わさる予定。


情報発表元:海上保安庁 - 世界中の海上保安機関が東京に集結
 
【関連ジャンル】
 海運事業者 : 海上保安庁