©Funeco News

新日本海洋社は2019年8月8日(木)、新造船「鎌倉」を就航させた。

「鎌倉」は京浜ドック追浜工場で建造されたタグボートで、総トン数は194トン。横浜を母港に運用される。新日本海洋社によると、従来船に比して船隊の小型化を図りつつも、大型と同じ大馬力エンジンを搭載し、高い操船性能を実現している。

なお「鎌倉」は、ウィングマリタイムサービスと海洋興業が合併し、2019年7月1日(月)に「新日本海洋社」となって以降、初めて導入される曳船。


情報発表元:新日本海洋社 - 2019年8月8日新造船「鎌倉」が就航しました。
 
【関連ジャンル】
 港湾 : 横浜港
 海運事業者 : 新日本海洋社