横浜市港湾局は2019年3月8日(金)、横浜港における2018年の港勢について公表した。

公表によると、2018年の外内貿コンテナ取扱個数は、前年から3.7パーセント増加し304万個(TEU)となった。コンテナ取扱個数は2年連続の増加となっており、300万個を上回ったのは6年ぶりとなる。

外貿コンテナのうち、トランシップコンテナは前年から14.8パーセント増の13万個で、3年連続の増加となった。外内貿取扱貨物トン数は前年から0.2パーセント増の1億1,376万トンだった。


情報発表元:横浜市港湾局 - 横浜港の平成30年(2018年)港勢発表!
 
【関連ジャンル】
 港湾 : 横浜港