広島県尾道市の尾道造船は、2019年2月22日(金)の13時20分から、同社第754番船の進水式を開催する。進水式は一般に公開され、見学することが可能となっている。

同日進水するのは、全長219メートルの80,000トン型石油精製品運搬船。尾道造船によると、これまで同社で建造されてきたタンカーの建造実績や荷役データをもとに、各種機器が見直され、操作性の向上や、大気と海洋に優しい機器の採用、維持管理に要するコストを低減するエコシップ仕様となっている。


情報発表元:尾道造船 - 進水式見学情報
 
【関連ジャンル】
 造船メーカー : 尾道造船 尾道造船所