三菱重工グループの三菱造船は、2019年1月11日(金)、JERAと商船三井の共同出資会社である「TRANS PACIFIC SHIPPING 5 LTD.」向けの次世代LNG運搬船の命名式を実施し、「濃州丸」と命名した。

「濃州丸」は、船体構造の効率化やハイブリッド推進システムの採用などにより、LNG搭載量や燃費性能を大幅に向上させた最新船型「サヤリンゴSTaGE」の4番船で、三菱重工の長崎造船所で建造、2月に完成・引渡しが予定されている。船体の長さはさ297.5メートル、幅48.94メートル、深さ27.0メートル、喫水11.5メートルとなっている。


情報発表元:三菱重工業 - 三菱造船 次世代LNG運搬船「濃州丸」の命名式を実施 「サヤリンゴSTaGE」の4番船、株式会社JERA向け
 
【関連ジャンル】
 海運事業者 : 商船三井
 造船メーカー : 三菱重工業 長崎造船所