海上技術安全研究所は2018年12月18日(火)、同所操船リスクシミュレータにおいて商船三井、商船三井テクノトレード、東京海洋大学が共同で開発を進めてきたタブレット型避航操船支援装置「先進的な航行支援システム」の評価試験を実施した。

システムは、相手船による航行妨害ゾーン(OZT:Obstacle Zone by Target)を避航操船判断の指標としてカメラで撮影した景観画像に対応して表示し、衝突の危険を知らせるもの。実験においては、操船リスクシミュレータ上に再現した交通環境データを入力し、実際にタブレット上の「先進的な航行支援システム」に支援情報を表示して操船を行い、その評価を行う過程が公開された。

公開実験には、業界関係者、海運会社の運航技術担当者を中心に、30名が参加した。


情報発表元:海上技術安全研究所 - 避航操船支援システム評価のための公開実験を実施
 
【関連ジャンル】