©Funeco News

商船三井客船が運航するクルーズ客船「にっぽん丸」は2018年12月30日(日)、寄港地のグアムを出港する際に船体を岸壁に接触し、日本までの航行継続はできないと判断、催行中のクルーズを中断した。

「にっぽん丸」は「ニューイヤー グアム・サイパンクルーズ」の皮切りとして12月26日(水)に横浜港を出港、12月30日(日)21時にグアムを出港する予定だったが、出港時に岸壁に接触、現地で船体の調査を実施した。

調査の結果、船尾に損傷があり、直ちに船客に危険はないものの、日本までの航行はできないと判断、現地で修繕することとなった。クルーズ利用者はグアムで下船、空路で日本に帰国する行程に変更となっている。


情報発表元:商船三井客船 - にっぽん丸「ニューイヤー グアム・サイパンクルーズ」運航中止の件
 
【関連ジャンル】
 船舶 : にっぽん丸
 海運事業者 : 商船三井客船