画像提供:AUSTAL

JR九州高速船は、日韓航路に投入予定の新造船「QUEEN BEETLE(クイーン・ビートル)」について、3月に実施した「国内遊覧コース」としての運航を7月から9月にかけても実施する。同社は予約を受け付けている。

「QUEEN BEETLE」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により日韓航路に就航できず、当初2020年夏の就航が予定されていたが、2021年3月初旬時点で営業運航を開始できずにいた。そこで、国土交通省から「沿岸輸送特許」を取得、3月20日(土)から「沖ノ島遊覧コース」で国内遊覧でデビューを果たしていた。同様の国内遊覧は4月、5月にも企画されたが、5月の大半は緊急事態宣言により運航が中止され、6月は就航後初ドック入りで運航されていない。

7月から9月の運航は、1時間30分の福岡湾遊覧コース、2時間の糸島沖遊覧コース、3時間20分の沖ノ島遊覧コースの3コースが運航される。いずれも土日祝日の運航で、糸島沖遊覧コースは夕方以降の時刻の運航。一部の便では「Bar Higuchi」特設バーが出店し、「Jazz Glasses」バンド演奏も予定されている。

なお、沖ノ島遊覧コースは旅行会社のみでの販売となり、他のコースもエイチ・アイ・エスで「デフィ・ジョルジュマルソー」特製カレープレート付コースなどが販売されている。


情報発表元:JR九州高速船 - 【期間限定】QUEEN BEETLEで行く国内遊覧コース
 
【関連ジャンル】
 港湾 : 博多港