海上自衛隊とイギリス海軍、アメリカ海軍は、2019年3月14日(木)と3月15日(金)の2日間、本州南方海空域において共同訓練を実施する。

訓練は、海上自衛隊の戦術技量の向上と、米・英海軍との更なる連携の強化・相互理解の深化を目的に実施されるもの。

イギリス海軍からは、3月8日(金)から3月14日(木)まで東京港 晴海埠頭に入港しているフリゲート「モントローズ(HMS Montrose:F236)」が参加するほか、海上自衛隊からは護衛艦「むらさめ(DD-101)」、P-1哨戒機、潜水艦が参加する。アメリカ海軍からはP-8A哨戒機が参加する予定。

訓練では、対潜戦訓練、通信訓練、航空機相互発着艦訓練などが実施される予定。


情報発表元:海上自衛隊 - 日米英共同訓練の実施について
 
【関連ジャンル】
 船舶 : DD-101 むらさめ
 船舶 : HMS モントローズ
 海運事業者 : 海上自衛隊
 海運事業者 : イギリス海軍
 海運事業者 : アメリカ海軍