商船三井は2019年3月11日(月)、商船三井内航、商船三井システムズと共同で「センシング可能な係船索および状態表示システム」の実証試験を開始すると公表した。

実証試験は、商船三井が帝人、テザックと共同で開発した、センサーが組み込まれた係船索と、張力や強度を把握出来る状態監視システムの効果を検証するもの。一般に係船中の船は港に張力モニターを保有している場合を除き、係船索にかかる張力を把握出来ず、海気象等による想定以上の外力に有効な対策ができず破断することがあった。今回の検証では、同システムにより、大事故につながるリスクを削減できつか、期待通りの効果が得られるかが検証される。

検証に使用される船は、商船三井内航が運航するドライバルク船「せどろす」。商船三井は、実証後は係船索と状態監視システムを実用化し、荷役中の港や船上における更なる安全の提供につなげたいとしている。


情報発表元:商船三井 - 「センシング可能な係船索および状態表示システム」の実証試験を開始 - 安全・ストレスフリーな荷役に向けて -
 
【関連ジャンル】
 海運事業者 : 商船三井内航
 海運事業者 : 商船三井