画像提供:九州郵船

2021年2月16日(火)、大分県の臼杵造船所において、九州郵船の新造船「うみてらし」の命名・進水式が実施された。

「うみてらし」は、2021年7月から「フェリーげんかい」の代替船として博多/比田勝航路に就航する予定の新造船。全長は81.7m、総トン数は1,100トン、航海速力は17ノット、旅客定員は176人、車両積載台数は乗用車換算で43台となる。

新船は、現在の「フェリーげんかい」と比べ速力が向上することにより、運航時間が約1時間短縮される。また、フィンスタビライザー搭載による乗り心地の向上や、エレベーター設置や身障者用トイレなどバリアフリー対策も講じられる。

船名の「うみてらし」は対馬市北部に自生する市木「ヒトツバタゴ」の別名に由来しており、「いつまでも海を明るく照らしてほしい」という願いを込め、公募により決定された。


情報発表元:九州郵船 - 新船「うみてらし」の命名、進水式が行われました
 
【関連ジャンル】