海上保安庁は2019年4月17日(水)、海洋状況表示システム「海しる」の運用を開始する。同日は、国土交通大臣によるセレモニーも実施される予定。

「海しる」は、海洋関係機関が収集・保有している海洋情報を集約し、衛星情報や海上気象の情報などを地図上で重ね合わせて表示できる情報サービス。

運用開始を記念したセレモニーは、4月17日(水)13時30分から13時50分まで、東京・霞ヶ関の合同庁舎第4号館で実施される。石井国土交通大臣のほか省内関係者や、重田内閣府総合海洋政策推進事務局長が出席する予定。

なお、「海しる」は Internet Explorer 11、Google Chromeなどのインターネットブラウザで利用することができる。


情報発表元:海上保安庁 - 海洋状況表示システム(愛称:海しる)の運用開始について
 
【関連ジャンル】
 海運事業者 : 海上保安庁