画像提供:防衛省統合幕僚監部

防衛省統合幕僚監部は2020年4月28日(火)、中国人民解放軍海軍の空母「遼寧」など中国艦6隻が沖縄本島と宮古海峡の間の宮古海峡を北西進し、東シナ海へ航行したことを確認したと公表した。

航行が確認されたのは4月28日(火)9時頃で、海上自衛隊の護衛艦「こんごう(DDG-173)」、「うみぎり(DD-158)」と那覇航空基地の第5航空群に所属するP-3-C哨戒機が宮古島の南東約80kmの海域を北西進するクズネツォフ級空母「遼寧(16)」、旅洋III(ルーヤンIII)型駆逐艦「西寧(117)」、「貴陽(119)」、江凱II(ジャンカイII)型フリゲート「日照(598)」、「棗荘(542)」、フユ級高速戦闘支援艦「呼倫湖(965)」とみられる計6隻の航行を確認した。

6隻はその後、宮古海峡を通過し、太平洋から東シナ海へ航行したことが確認されている。これらの艦は、4月10日(金)に男女群島南西で確認され、その後宮古海峡を通過して太平洋に進出したことが確認されていた。


情報発表元:防衛省統合幕僚監部 - 中国海軍艦艇の動向について
 
【関連ジャンル】
 船舶 : DD-158 うみぎり
 船舶 : DDG-173 こんごう
 海運事業者 : 海上自衛隊
 海運事業者 : 中国人民解放軍海軍