©Funeco News

シルバーフェリーを運航する川崎近海汽船は、2020年12月23日(水)、八戸/苫小牧航路に投入する予定の新造船について、船名を「シルバーブリーズ」に決定したと公表した。

「シルバーブリーズ」は、2021年6月の就航を目指し、内海造船 瀬戸田工場で建造が進められている新造船。船名は、「シルバーフェリー」の愛称と、気持ちやすらぐ心地よい「そよ風」を合わせた名前として考案・決定された。全長は145m、全幅は23m、総トン数は8,900トンとなる計画。

なお、「シルバーブリーズ」就航にあわせ、現在運航中の「べにりあ」が置き換えられる予定。


情報発表元:川崎近海汽船 - 八戸/苫小牧航路 新造船「シルバーブリーズ」のご案内
 
【関連ジャンル】
 船舶 : べにりあ(2代)
 海運事業者 : 川崎近海汽船