画像提供:AUSTAL

JR九州高速船は、オースタル(AUSTAL)社で建造され2020年10月20日(火)に博多港に到着した新造船「QUEEN BEETLE(クイーン・ビートル)」について、3月20日(土)から「沖ノ島遊覧コース」で営業運航を開始する。

「QUEEN BEETLE」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により日韓航路に就航できず、当初2020年夏の就航が予定されていたが、2021年3月初旬時点で営業運航を開始できずにいた。オーストラリアから博多港へ回航された2020年10月以降も係留されたままとなっており、JR九州高速船は「事業継続の危機に立たされている状況」としている。

今回の「沖ノ島遊覧コース」運航は、3月10日付けで国土交通省から「沿岸輸送特許」が降りたことから実現するもの。予定されている運航日は3月20日(土)、3月21日(日)、3月27日(土)の3日間で、各日とも9時45分に博多港国際ターミナルを出航、13時15分に帰着する3時間30分のコースで運航される。乗船には旅行会社ツアー商品への申し込みが必要となり、JR九州高速船での乗船券のみの販売は行われない。


情報発表元:JR九州高速船 - Queen Beetle 3/20(土)・21(日)・27(土)に沖ノ島遊覧コースを運航します。
 
【関連ジャンル】
 港湾 : 博多港