名古屋港では2019年1月18日(金)の10時から10時30分まで、「金城ふ頭津波避難訓練」が実施される。

訓練は、「ポートメッセなごや」の立体駐車場を避難場所として実施されるもの。南海トラフ地震・津波災害を想定した津波避難訓練を実施することにより、防災意識の向上や経験知の蓄積を図り、確実な避難行動につなげることを目的としている。

訓練は、伊勢・三河湾に大津波警報が発表された想定で進行され、第四管区海上保安本部や名古屋市、名古屋港管理組合のほか、名古屋港オペレーションセンター自治会、ゆうりん会、きんじょう会、しんわ会、金城ふ頭まちづくり協議会、愛知県警察港警察署などの機関が参加する。


情報発表元:名古屋港管理組合 - 平成30年度 金城ふ頭津波避難訓練の実施について
 
【関連ジャンル】
 港湾 : 名古屋港
 海運事業者 : 海上保安庁