©Funeco News

JR九州高速船は、2018年12月28日(金)から2019年1月6日(日)までの年末年始期間の日韓高速船「ビートル」の利用状況を公表した。

期間中のビートルの運航便数は、当初の計画通り全48便で、全体の利用人員は前年比100.4%の6,958人だった。内訳は、日本人客が前年比120.8%で3,511人、韓国人客が前年比83.5%の3,232人だった。

全体の乗船効率は87.6%で、日本人客の利用ピークは、福岡発が12月30日(日)、釜山発が1月2日(水)だった。


情報発表元:JR九州高速船 - 年末年始期間中のお客さまのご利用について
 
【関連ジャンル】