海上自衛隊の新護衛艦「しらぬい(DD-120)」は、2019年3月11日(月)、配備先である大湊港に初入港した。

「しらぬい」は、建造された三菱重工業長崎造船所で2月27日(水)に引渡式と自衛艦旗授与式が実施されており、その後、配備先である大湊に向けて出港・航行していた。

3月11日(月)には、大湊で初度入港行事が実施され、むつ市長をはじめとする来賓と大湊在籍部隊隊員が「しらぬい」を出迎えた。「しらぬい」艦長である高須賀政信2等海佐による挨拶も実施されている。

なお、「しらぬい」の第7護衛隊編入に伴い、今まで大湊を母港としていた護衛艦「せとぎり」は、第14護衛隊に編成替え、定係港が舞鶴となり、同地に転籍となっている。


情報発表元:海上自衛隊 大湊地方隊 - 護衛艦「しらぬい」大湊初入港
 
【関連ジャンル】
 船舶 : DD-120 しらぬい
 港湾 : 大湊港
 海運事業者 : 海上自衛隊