©Funeco News

海上自衛隊とアメリカ海軍、インド海軍は、2019年7月18日(木)から7月30日(火)までの期間、陸奥湾において機雷戦訓練と掃海特別訓練を実施する。

訓練は、海上自衛隊の機雷戦能力の維持・向上と、アメリカ海軍、インド海軍との更なる連携強化、相互理解の深化を図る目的で実施される。

海上自衛隊からは、掃海母艦2隻、掃海艦1隻、掃海艇13隻、掃海管制艇2隻の計18隻の艦艇が参加するほか、航空機8機が参加する。アメリカ海軍からは掃海艦1隻と航空機2機、水中処分員約10名が、インド海軍からは水中処分員約4名が参加する。

訓練では、訓練機雷を使用しての機雷敷設訓練、掃海訓練、潜水訓練が実施される。


情報発表元:海上自衛隊 - 令和元年度機雷戦訓練(陸奥湾)及び掃海特別訓練(日米印共同訓練) の実施について
 
【関連ジャンル】
 海運事業者 : 海上自衛隊
 海運事業者 : アメリカ海軍