第一管区海上保安本部、留萌海上保安部は、2018年11月6日(火)、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの通信事業者3社との合同で、災害時を想定した連携訓練を実施する。

海上保安庁は、通信事業3社との間でそれぞれ「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定」を締結しており、今回の訓練は、同協定に基づいて実施されるもの。訓練では、災害発生時、通信事業者からの要請や状況に応じ、巡視船艇で被災者用の衛星携帯電話や充電用の小型発電機、基地局復旧のための人員や資機材を運搬することを念頭に、手順の確認や問題点の抽出が実施される。

訓練は、13時から13時15分頃まで留萌海上保安部2階の会議室で、13時30分から16時30分頃まで留萌港東岸の船だまり岸壁で行われる。巡視艇「はまなす(CL-96)」が参加し、巡視艇への資機材積載、運搬、搬出や、巡視艇を出港させての運搬訓練も実施される予定。


情報発表元:第一管区海上保安本部 - 協定に基づいた通信事業3社との連携訓練を実施します!
 
【関連ジャンル】
 港湾 : 留萌港
 海運事業者 : 海上保安庁