©Funeco News

海上保安庁は6月21日の「世界水路の日」を記念し、2019年6月17日(月)から8月30日(金)までの期間、東京・霞が関の中央合同庁舎3号館と、東京・青海の青海合同庁舎1階「海洋情報資料館」において、「海を知るための海洋情報」をテーマとした展示を実施する。

展示では、新しい情報サービス「海しる」が開く海洋の未来が解説されるとともに、2019年度就役予定の新しい大型測量船「平洋」や最新の海上保安庁の調査成果も紹介される。

中央合同庁舎3号館では、6月17日(月)から6月21日(金)まで同館1階展示スペースで展示が実施される。青海合同庁舎1階「海洋情報資料館」では、6月26日(水)から8月30日(金)まで実施され、各国水路機関からの寄贈品も合わせて展示される予定。


情報発表元:海上保安庁 - 「世界水路の日」記念展示を行います
 
【関連ジャンル】
 海運事業者 : 海上保安庁