「空母いぶき」フィルムパートナーズは2019年2月1日(金)、映画「空母いぶき」の全国公開を5月24日(金)から開始すると公表した。

映画「空母いぶき」は、かわぐちかいじ氏の漫画「空母いぶき」を実写映画化するもので、若松節朗氏を監督に製作が進められている。1月31日(木)には第一弾予告映像が公開された。

原作の漫画では、架空の護衛艦「いぶき(DDV-192)」のほか、実在する海上自衛隊の護衛艦が登場する。公開された映画予告映像では、護衛艦「はつゆき(DD-122)」、「みねゆき(DD-124)」と同名または同番号の艦、次期3,000トン型潜水艦で採番が見込まれるの艦番号の艦の登場が窺える。なお、これまでの公表で、「あしたか」、「しらゆき」、「いそかぜ」の艦名を持つ護衛艦、「はやしお」の艦名を持つ潜水艦の登場が明らかにされている。

主演は俳優の西島秀俊氏で、このほか佐々木蔵之介氏、本田翼氏、高嶋政宏氏、玉木宏氏などが出演する。


情報発表元:「空母いぶき」フィルムパートナーズ - 「空母いぶき」公開日決定・第一弾予告解禁!
 
【関連ジャンル】
 船舶 : DD-122 はつゆき
 海運事業者 : 海上自衛隊