東京都は2018年11月21日(水)の14時から約1時間、東京港 晴海ふ頭において「平成30年度東京港テロ対策合同訓練」を実施する。

訓練は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、国内外から流通の増加が見込まれる東京港において、事案発生時における関係機関の連携・対応等を確認し、より一層の関係機関の連携強化、治安機関の事案対応能力の向上を図ることを目的として開催される。

海上では、「工事作業船から出火しており、さらに1隻の作業船が係留場所から無くなっている」との通報を海上工事作業者から受け、東京港水際危機管理チーム構成機関に情報を伝達、各機関合同で事案対応に当たる訓練が実施される。

陸上では、「東京港に入港する外航旅客船に、手配中の国際テロリスト数名が身分を偽り本邦への入国を企てている」との情報が寄せられ、東京港水際危機管理チーム構成機関等が合同で事案対応に当たる訓練が実施される。

参加機関は、東京入国管理局、東京税関、東京検疫所、関東地方整備局、関東運輸局、東京消防庁、警視庁月島警察署、警視庁東京湾岸警察署、東京海上保安部、東京都港湾局で、各機関から合計80名の人員と船艇11隻が参加する予定。


情報発表元:東京都 - 平成30年度東京港テロ対策合同訓練の実施について
 
【関連ジャンル】
 港湾 : 東京港 晴海埠頭
 海運事業者 : 海上保安庁